生きるのに一生懸命!

日本の隅っこで小さな会社を運営中。 ここは、日々感じた事や思った事を書き殴るブログ。たまに毒舌です。

バイセクシャルが大腸の内視鏡検査に行ってきた!(一年ぶり二回目)って話

今回の話はタイトルにある通り、バイセクシャルのオレが、大腸の内視鏡検査に行ってきた話。
この検査、今回で二回目・・・。
まぁ、普通の人はよっぽどの事が無い限り、自分から大腸の内視鏡検査を受けようなんて思わないだろうけど・・・。

だって、ケツから内視鏡を入れるんだぞ!?

よほどの事じゃないと、普通はケツからそんなもん入れないだろ・・・。
で、オレの場合だけど、オレだって好きで検査を受けた訳じゃない。

コトの発端は去年だ。
健康診断を受けたら、便の中にかすかに血が混じってる、との診断。
専門病院で内視鏡の検査を受けるように!
って言われたのが発端だ。
この時の事はブログにも書いてるけどね。

検査の前に下剤を2Lも飲まされたりして、なかなかの苦行だったんだけど、内視鏡検査の結果、大腸の中に小さなポリープが発見された(涙)

で、問題なのは、このポリープが良性なのか悪性なのか・・・

組織の検査結果が出るまでに日数がかかるって事で、後日、結果を聞きに行ったんだけどね。
いやぁ、結果を聞くまでは生きた心地がしなかったぞ。
真剣に遺言状を書こうかと思ったぐらいだ(泣)
その時の様子は、こちら・・・。

組織検査の結果は良性。
医者が言うには・・・
ポリープの大きさも小さなモノだから、このまま放置でも良いけど、もしかしたら、大きくなってる事もあるので、

一年後に再度、内視鏡で検査しましょう!

って事だった。
で、あれから一年経ったからな・・・。
不本意ながら病院に行って検査を受けてきた(もちろん事前予約は必要)。
って事で、今回は一年ぶりに大腸の内視鏡検査を受けてきた、って話だ。

 

 

 

これね、知らない人は、ケツに内視鏡を入れて医者が診るだけだろ、って思うかもしれないけど、前日からの準備というか・・・いろいろ大変なのだ。
予約の段階で、こういう注意書きを渡されるんだけど、細々した注意が書かれてるぞ。

f:id:masa10t:20180905054442j:plain

検査の前日には消化の良いモノを食べるように、って書かれてるんだけど、例としてうどんとか白身魚なんかが書かれてる。
まぁ、それは良いんだけど、夜9時以降は・・・

絶食!

なにも食べたり飲んだりしたらアカン。
これがキツい(涙)
オレなんか、いつも夜中に夜食を食べる癖がついてるのに、何も飲み食いできないのは苦行だ。
で、考えたんだけど・・・。
9時以降は飲み食いしたらアカンって事なんだから、9時ギリギリで食べれば少しは空腹を紛らわせるだろ。
注意書きに書かれてる通り、うどんを作って食べた。

f:id:masa10t:20180905055219j:plain

さっ、後は検査を待つだけ・・・
とはいかない。
もう一つ、仕事が残ってる。
これは、病院側から何度も念を押されてたんだけど、

前日の夜9時になったら、薬を2個飲むように!

何の薬か知らないけど、この2つの薬を100ccの水に溶かして飲むのだ。

f:id:masa10t:20180905055736j:plain

息を止めて飲んだけど・・・

マズ~い!(泣)

まぁ、これで前日の準備は完了。
あとは翌日8時半に病院に行くだけだ。
って、すぐに検査が始まるわけじゃない。一年前にも同じ検査を受けてるから知ってるけど、2時間以上かけて、下剤を飲むのだ。

もう、お腹の中に何もありません!

ってぐらいお腹を空っぽにするんだけど・・・

2000ccの下剤!ww

これを2時間ちょっとかけて、全部飲むわけ。
2000ccって、2Lだぞ・・・。
しかもマズい(涙)
去年の検査の時、むちゃくちゃ苦しかった記憶がある。
それを思い出すと、前日から憂鬱だったぞ(涙)

f:id:masa10t:20180905213243j:plain

 


いよいよ当日。
妙に興奮して一睡もしてない(泣)
朝8時半に病院に来るようにって言われてたので、時間通りに病院に到着。
まずは個室に案内される・・・。
ホテルのような廊下を看護師に連れられてトボトボ移動だ。

f:id:masa10t:20180905194519j:plain

一年前にも同じ病院で検査を受けてるんで、なんか懐かしいww
で、通された部屋は、ここ・・・。

f:id:masa10t:20180905194823j:plain

ベッドが置いてある普通の病室なんだけど、ベッドの反対側には、こんなモノが・・・。

2Lの下剤!(涙)

これも一年前と同じだ。

f:id:masa10t:20180905195136j:plain

下剤の隣には排便の回数を記録する紙が置かれてる。
この下剤を10分に200ccずつ飲んでいくわけだ。

看護師:じゃぁ、テレビの時計を見ながら、10分間隔で200ccずつ飲んで下さい!

テキパキと指示される(泣)
で、排便に行った時には、該当する便の状態にチェックを入れて行くぞ。
これが、細かく分かれていて、
固形つぶつぶ液体・・・
なんて感じでチェックを入れるようになってる。
色の欄もあって、茶色黄色透明・・・
ってな具合に分かれてる。
いちおう、看護師に聞いてみた。

あの~・・・
もし、この2Lの下剤を飲めなかったら、どうなるんですか?

看護師:あ~、そういう人、たまに居ますけど平気ですよ^^
浣腸しますから!^^

・・・・・・

頑張って飲んだぞ(涙)
11時半に看護師が様子を見に来たけど、その時には全部飲んでたからな。
てか、排便に行った回数・・・

14回!

もうな、便の色も無色透明の液体しか出てこなかった(泣)

 

 

しばらくベッドで横になって待機。
2時過ぎ、看護師が呼びに来た。
いよいよ診察室に移動して内視鏡の検査だ。
あっ、その前に検査用のパンツに着替える・・・。
後ろに穴の開いてるパンツだ。

f:id:masa10t:20180905200435j:plain

まずは腸の動きを止める薬を肩から注射。
これがね・・・

クソ痛かった!(涙)

むちゃくちゃ痛い注射を2本・・・。
その後はケツが痛くないように麻酔を腕から点滴で注入。
これ、麻酔無しで内視鏡の検査を受ける人も居るそうだけど、オレには無理!
そりゃ、オレなんか・・・

バイセクシャルだからな!

一般の男性よりはケツに対して抵抗感は無い方だと思うけど、内視鏡は別だ。
あんなモノを入れられるのは、オレの趣味じゃないww
一年前も麻酔で内視鏡検査を受けてるし(泣)
麻酔が効いてきた頃合いを見計らって、いよいよ内視鏡がケツから挿入されるんだけど、まぁ、ほとんど感覚は無いな。
あるゲイの友達は、超気持ちよかった~!とか言ってたけどww
内視鏡検査そのものは15分ぐらいで終了。
麻酔で身体がフラフラしてるんで、1階の安静室で小一時間ほど休憩だ。

f:id:masa10t:20180905201523j:plain

 

 

夕方の4時半・・・。
いよいよお医者さんから説明がある。
迎えに来たバイト君と二人で診察室へ・・・。
画像を観ながら説明してくれたんだけど・・・
結論は・・・

去年と大きさも変化してないし、良性。
悪性になる危険性は極めて低い。

って事だった。

良かった~!(涙)

これ、悪性になって進行してるとか言われたら、それこそ、目の前が真っ暗になる。
ただ、お医者さんが言うには、

今は良性だし、悪性になる事はまず無いけど・・・
念のために手術で取っちゃいましょう!^^

手術・・・

出来ることなら避けたいけど、医者が取った方が安心って言うなら、まぁ、仕方ない・・・。一泊の手術で取れるそうだし、麻酔をするので痛くもかゆくもないらしい。
聞いてみたぞ。

手術って、いつするんですか?

慌てることもないんで、来年の今頃で良いでしょう^^

まぁ、一年間は生き延びたww
てか、また2Lの下剤を飲むのか・・・。

気が重い!(涙)

 

 

そうそう、オレの大腸の中の様子を撮影した写真を渡されたんだけど、自分の大腸の中を見るのって、なんだか・・・

気持ち悪い!ww

こういう写真だけどな・・・。

f:id:masa10t:20180905203347j:plain

うん、やっぱりモザイクをかけて正解だな。
とてもじゃないけど正視できんww

 

 

 

いつものバイト君の下書きチェック

バイト君:悪化してなくて良かったですね^^

まぁ、去年も良性とは聞いてたけど、もしも、って事があるからな。
不安だったわ(泣)

バイト君:来年、手術してバッサリ取れば安心でしょ^^

もうな、内視鏡の検査は2回も受けたし、手順は覚えたわ

バイト君:・・・・・・

なぁなぁ、提案が有るのだわ!^^

バイト君:却下!
どうせ、ロクな事を言わないし。
内視鏡ごっこしよう、とか言いそう・・・

・・・・・・