生きるのに一生懸命!

日本の隅っこで小さな会社を運営中。 ここは、日々感じた事や思った事を書き殴るブログ。たまに毒舌です。

オレは買い物の長い女は大嫌い!って話

最近、Amazonプライム・ビデオで観てるのは『深夜食堂』
このドラマ、どんなドラマかと言うと、

新宿・花園界隈の路地裏にあると設定されたマスター1人で切り盛りする小さな飯屋で、深夜0時から朝の7時ごろまでの深夜にしか営業しないことから、のれんには単に「めしや」と書かれているにもかかわらず常連客から「深夜食堂」と呼ばれている。メニューは豚汁定食、ビール、酒、焼酎しかないが、マスターが作れるものならば、言えば何でも作ってくれる。この店を舞台に、マスターと客たちとの交流を描く。~wiki~

って内容。
毎回、いろいろなゲストが客として登場するわけ。で、その客が、ごくありふれた料理を注文するんだけど、これが、なかなかのドラマ仕立てで観てて面白いのだ。
それぞれの客の「思い」とか「苦悩」とか「楽しみ」とか、まぁ、そんなモノを上手く描いてる。

第一話 赤いウィンナーと卵焼き

第一話 赤いウィンナーと卵焼き

 

毎回のゲストの他には、マスターの他に準レギュラーみたいな人も登場してるんだけど、例えばヤクザの竜ちゃん(これは『孤独のグルメ』の松重豊が演じてる)とかストリッパーのマリリン松嶋とか二丁目のゲイバーのマスター、小寿々さんとか・・・。
で、30代OLの三人組ってのが居るんだけど、この三人組、いつもお茶漬けを注文してるわけ。なので、「お茶漬けシスターズ」なんて呼ばれてるんだけどね。
オレは、この「お茶漬けシスターズ」が・・・

大嫌い!

こいつらが出てるシーンは早送りで飛ばして観てるぞ。
なにが嫌いって、自分の不細工な事は棚に上げて、やれ、結婚相手は年収1000万以上、だとか、身長は〇〇〇cm以上、だとか、長男はダメ、とか・・・
もうな、好き勝手な能書きばっかり言ってる。

鏡を見てから出直してきやがれ!

って本気で思ってるぞ。
まぁ、ドラマの中の事だし、そこまでカッカする事はないんだけど・・・。
だけどなぁ、オレなんか身長は165cmしか無いし、一人っ子の長男だし・・・

ドラマの中とはいえ、あんな不細工な女にあんなセリフを言われたら頭にくるww

って事で、今回はオレが嫌いなタイプの女性について書いてみようか。

 

 

 

嫌いなタイプと言ってもいろいろ有るんだけど、ガサツな女クルクルパーな女股のゆるい女・・・まぁ、数え上げたらキリが無いww
今回は、買い物の長い女について書いてみる。
この前だけど、同居人とデパートに行った。
デパートって言っても、こんなクソ田舎にあるデパートなんで、中身は知れてるけどな(津市に有る松菱だ)。

ね、ね、夏物のブラウスを買いたいから付き合って!

まぁ、家に居ても暇だし、同居人に付き合う事にしたんだけど、これが大失敗だった。
なにしろ買い物が長い。
普段の食料品の買い出しの時から、その傾向が有る事は分ってたし、もう10年以上の腐れ縁だから、何かを買う時は時間がかかるのはわかってたけど・・・。
デパートの婦人服売り場に到着・・・。
あんな所、ワンフロア全部が婦人服売り場だろ。

オレの居場所が無い!(涙)

同居人は、あれこれ手にとっては鏡に写して、イメージを確認してる。
オレは金魚のフンみたいに同居人のケツをついて歩くだけだ。
もうな、10着以上も手に取って広げては、何が気に入らないのか元の場所に戻してる・・・。

足が疲れた!(泣)

って言っても、同居人の耳には届いてないらしい。
真剣な顔であれこれ吟味してやがる。

ぉぃ、まだか?
どれでもエエやんか!(怒)

と怒ってみても、

気に入るのが無いんだわ!
アンタ、私に似合いそうなの探してきて!

・・・・・・

とうとう、オレもブラウス選びに参加する事になった。
婦人服売り場であれこれ手に取っては、同居人に似合いそうなモノを探したぞ。
これ、探すだけならまだしも、まわりの目が気になる。
それと店員の存在。
声でもかけてきそうなら、すぐに逃げなきゃいけないし、精神的に疲れる。
とりあえず、良さそうなモノを見つけたので、同居人の所へ持って行ってみたぞ。

ぉぃ、これ、エエやんか。
これに決めれ!^^

こんなの派手すぎるわ!

あっさり却下(涙)

トボトボと引き下がって、品物を元の場所に戻した。
今度は、落ち着いた色目のシックなモノを選んでみたぞ。
再び同居人のもとへ・・・。

ぉぃ、これならエエやろ!
いいとこの奥様に見えるわ!^^

これ、生地が厚いわ。
こんなの着たら、汗が止まらんわ!

・・・・・・

再び却下(涙)
もうな、婦人服売り場を全部まわって捜索だ。
今度こそ、良さそうな奴を発見。
同居人のもとへ・・・。

ぉぃ、これならエエやろ!
そこまで派手じゃないし、生地も薄いし、これなら暑くないやろ^^

こんなのアカン!
薄すぎて、ブラジャーが見えるやんか!(怒)

・・・・・・

もう、トイレの前のベンチに座って待つことにした。
オレが何を選んだって、気に入らないみたいだし・・・。
1時間半後、同居人がやって来た。

これに決めたわ^^
じゃ、これ頼むわ^^

・・・・・・

ブラウスを手渡された。
これを持ってレジに行けって事か・・・。
アホみたいに待たされた挙句、

支払いは、オレ!(涙)

いつも書いてるけど・・・

逃げ出したい!

ったく、服を一着選ぶのに、どんだけ時間かかってるんだよ。

f:id:masa10t:20180728105115j:plain

デパートの中にあるクソ不味いレストランでメシを食べた後・・・

あ~、口紅も買って帰るわ!^^

・・・・・・

引きずられるようにして化粧品売り場へ・・・。
デパートの1階って、いろんな化粧品メーカーがブースを構えてるし、それぞれに美容部員が待機してるだろ。
あんな所に男が行くと、モロに怪しいじゃないか(泣)
同居人は、顔なじみの美容部員とお喋りしてるけど、オレの居場所が無い。

ぉぃ、まだ、決まらんなら、オレ、ベンチで座ってるぞ!

って言ってみたけど、

あ~、口紅はすぐ済むわ^^

うん、信じたオレがバカだった。
美容部員とお喋りした後、口紅を吟味しはじめた同居人・・・
いつまで経っても決まらん。

f:id:masa10t:20180728095240j:plain

あれこれ手に取っては色をチェックしてるんだけど、お気に召さないらしい。

ぉい、まだか?
口紅なんか、何でもエエやろ!

変な色は嫌だわ!(怒)

反対に怒られた・・・。
こういう時の同居人は、オレが何を言っても無駄。
完全に自分だけの世界に入ってしまってるからな。
どこの世界に入ってしまおうが勝手だけど、付き合わされる方はたまったもんじゃない(泣)
なんだかんだで、口紅を選ぶのに30分
こんな三重県のクソ田舎のデパートに3時間も居た。
時間を無駄にしたとしか思えないな(涙)

 

 

 

同居人の下書きチェック

同居人:3時間じゃないわ!
正確には2時間45分だわ!

ほとんど3時間じゃね~か!

同居人:それぐらい普通だわ!

・・・・・・

同居人:アンタだって、私が綺麗な方が嬉しいやろ!?

ジャバ・ザ・ハットが口紅つけても、たいして変わらんと思うが・・・

同居人:ジャバザって言うな!
何度も言うてるけど、
自称・・・
菊川 怜だわ!^^

・・・・・・
お前、菊川 怜に怒られるぞ。
一緒にするな!って・・・

同居人:・・・・・・

まぁ、買い物の時間は長いし、イメージもジャバ・ザ・ハットにソックリだけど、『深夜食堂』に出てくる「お茶漬けシスターズ」よりは、はるかにマシなのは間違いない。

奴らみたいなたわけた事を言わないだけマシ!